SUV X LIFE Lifestyle TALK SUV X LIFE Lifestyle TALK
ライフスタイルを大切にし、
それぞれのフィールドで活躍されている
TOYO TIRESユーザーへのインタビュー
Vol.1 奇界遺産を追うフォトグラファー
佐藤健寿がSUVに乗る理由。

佐藤 健寿


武蔵野美術大学卒。フォトグラファー。
世界各地の“奇妙なもの”を対象に、博物学的・美学的視点から撮影・執筆。写真集『奇界遺産』『奇界遺産2』(エクスナレッジ)は異例のベストセラーに。ほか著書に『世界不思議地図』『THE ISLAND – 軍艦島』、『SATELLITE』(朝日新聞出版)、『世界の廃墟』(飛鳥新社)、『奇界紀行』(角川)、『TRANSIT 佐藤健寿特別編集号』(講談社)、『諸星大二郎 マッドメンの世界』(河出書房新社)など。NHKラジオ第1「ラジオアドベンチャー奇界遺産」、テレビ朝日「タモリ倶楽部」、TBS系「クレイジージャーニー」、NHK「ニッポンのジレンマ」ほかテレビ・ラジオ・雑誌への出演歴多数。

interview

my LIFE
子供の頃から変わることのない
『見てみたい』という好奇心。

ただ自分が「見たい」という好奇心で、
フォトグラファーを続けてきました。
好奇心とか、知りたいとか、見たいという
人間の欲求は実はかなり強いもので、
そのせいで人間は
発達してきたんじゃないかと思います。

my WORK
非合理な被写体と向き合うために、
合理的でありたい。

自分が撮影で向き合う自然界のものって、
常に非合理的なものなんです。
その非合理な被写体と対峙するために、
自分の行動が非合理であってはならない。
常にすごく合理的な手法をとることが、
自分のアプローチの仕方だと思います。

my GEAR
自由に。そのまま。どこにいても
揺らがない自分でいたい。

「どこに行っても揺らがない自分でいたい」
という思いから、モノを選ぶ時も、
「いかに日常のまま色んな環境に行けるか」を
意識しています。
一種のコンディション作りみたいな事ですね。

my SUV
世界を共に駆け回った、
ロマンのあるクルマ。

アフリカ、アジア、南米、いろんな僻地に行った時、
現地でこのランドクルーザーに乗ることが多くて、
日本でも同じ車に乗っています。
ロマンがあるというか、乗っていて
風通しの良い家に住んでいるような車です。

my TIRES
機能的でカッコいい、
ずっと走り続けていたくなるタイヤ。

このタイヤ(オープンカントリー)は、
走破性に裏打ちされた
ゴツいデザインがカッコイイですね。
オフロードタイヤを履いているという
感覚がないくらい、ロードノイズも少ないです。
撮影で悪路を走る事も多いのですが、
このタイヤならこれからも使っていきたいです。

tire review

  • SUVでどこ行こう?
  • Lifestyle TALK
  • OPEN COUNTRY TOP
  • OPEN COUNTRY TOP

SUV x LIFE SUV x LIFE

ライフスタイルに合わせて、SUVタイヤを選ぼう。