リトレッドタイヤを安全にお使いいただくために

トラック/バス/小型トラック/小型バス用

必ずお読みください。

警告

危険

タイヤ選定時のご注意

  • ● 車の種類、用途、及び使用条件に適合したタイヤを使用してください。
    適合しないタイヤを使用した場合には、操縦安定性が損なわれたり、早期に損傷が発生して事故になるおそれがあります。
  • ● 種類・構造及びサイズの異なるタイヤを同一車軸に混用すると、タイヤ性能が異なるため、事故になるおそれがあるので使用しないでください。
  • ● リトレッドタイヤは前輪で使用しないでください。後輪でも、特に使用条件の過酷なシングルの遊輪(最後輪)での使用は避けてください。安全性を損ない大きな事故につながる場合があります。

タイヤ使用時のご注意

  • ● コードに達している外傷・ゴム割れのあるタイヤは使用しないでください。
  • ● タイヤの空気圧は走行前の冷えている時に、自動車メーカーの指定空気圧に調整してください。空気圧に過不足があると、タイヤが損傷したり、事故になるおそれがあります。
  • ● タイヤの使用限度は、スリップサインが露出する残り溝1.6mmです。残り溝1.6mm未満のタイヤは、新品タイヤと交換してください。高速道路を走行する場合はタイヤの溝深さが、トラック及びバス用タイヤで3.2mm、小型トラック用タイヤで2.4mm以上ある事を確認してください。
  • ● 積雪及び凍結路走行の場合は、冬用タイヤの残り溝が新品時の50%以上ある(トレッドにプラットホームが露出していない)ことを確認してください。溝深さが50%未満のタイヤは、冬用タイヤとしては使用できません。
  • ● ホイールには、亀裂、変形等の損傷や著しい腐食がないことを確認してください。
  • ● タイヤを傷つけるおそれがあるので、道路の縁石等にタイヤの側面を接触させたり、道路上の突起物乗り上げは避けてください。
  • ● 急発進、急加速、急旋回及び急停止は危険ですので避けてください。特に湿潤路、積雪路及び凍結路は滑りやすく、事故になるおそれがあるため、急カーブでは、減速するなど、道路状況に応じた適切な運転をしてください。
  • ● 走行中に車両が操縦不安定になったり、異常な音及び振動を感じたときは、速やかに安全な場所に停車して、車両及びタイヤを点検してください。外観上異常がなくても、早期にタイヤ販売店に点検を依頼してください。
  • ● リ・グルーブ、穴あけ等の再加工をしたタイヤは損傷したり、事故になるおそれがあるので、使用しないでください。