トラック&バス用タイヤを安全にお使いいただくために

必ずお読みください。

警告

危険

1.タイヤ、チューブ等の選定

  • ● 自動車製作者が指定した標準タイヤ又はオプションタイヤの使用を基本とし、その他のタイヤを選定される時は販売店等にご相談ください。
    (トラック及びバス用タイヤは、用途により溝深さや仕様が異なり使用条件に限りがあります。)
  • ● 全車輪とも、同一のサイズ、種類、構造、タイプ※のタイヤを使用してください。なお、自動車製作者が軸別にサイズの異なるタイヤを指定した場合は、その指示に従ってください。
    ※タイプとは夏用タイヤ、冬用タイヤ等をいう。
  • ● サイズ、種類、構造、タイプの異なるタイヤを同一車軸に使用すると、タイヤ性能が異なるため、事故に繋がるおそれがあるので混用しないでください。(応急用タイヤは除きます。)
  • ● リ・グルーブ、穴あけ等の加工をしたタイヤは、損傷したり、事故に繋がるおそれがあるので、使用しないでください。
  • ● チューブ、フラップは、タイヤサイズと同一サイズ表示のあるもので、バルブは車両及びホイールに適合するものを使用してください。
  • ● 新品のチューブタイプのタイヤには、新品のチューブ、フラップを使用してください。
  • ● ホイールの選定は販売店等に相談しタイヤサイズ及び車両に適合したホイールを使用してください。
  • ● 更生タイヤ使用時は更生タイヤの選定、使用上の注意事項を遵守してください。また、更生タイヤは前軸に装着しないでください。 後輪でも、特に使用条件の過酷なシングルの遊輪(最後軸)での使用は避けてください。安全性を損ない大きな事故につながるおそれがあります。

2.適正使用と日常点検

  • ● タイヤの空気圧は、走行前の冷えている時に、エアゲージにより定期的(最低1ヶ月に1度)に点検し、自動車製作者の指定空気圧に調整してください。
    自動車製作者の指定空気圧は車両の取扱い説明書、ドア付近等に表示されています。不明の場合はタイヤ販売店等にご相談ください。
    特に偏平タイヤの空気圧不足は、見た目にわかりづらい為、必ずエアゲージによる点検をしてください。
  • ● 空気圧は自然に少しずつ低下しますので定期的に点検し調整してください。また、走行時及び走行後はタイヤの発熱により空気圧は高くなりますが、決して空気を抜かないでください。
  • ● タイヤに、亀裂がないか又は釘、金属片、ガラス等が刺さっていたり、溝に石その他異物を噛み込んでいないか確認してください。異物を発見した時は、タイヤ販売店等にご相談の上取り除いてください。
  • ● コードに達している外傷・ゴム割れのあるタイヤは使用しないでください。タイヤ故障発生に繋がるおそれがあります。
    修理可能か否かについては、タイヤ販売店等にご相談ください。
  • ● タイヤの溝深さの使用限度は残り溝1.6mmです。それ以前に新品タイヤと交換してください。
  • ● 高速道路を走行する場合は、タイヤの残り溝深さは次表以上であることを確認してください。

    タイヤの種類 溝深さ
    トラック及びバス用タイヤ 3.2mm
    小型トラック用タイヤ 2.4mm
  • ● ホイールナットの緩み、脱落や、ホイール・ボルトの折損、変形等の異常が無い事を確認してください。
  • ● 長期経過タイヤの点検・交換(乗用車用タイヤ及び小型トラックタイヤに適用)
    タイヤは自動車の安全にとって重要な役割を担っています。一方、タイヤは様々な材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。その特性の変化はそれぞれ環境条件・保管条件及び使用方法(荷重、速度、空気圧)などに左右されますので、点検が必要です。
    従って、お客様による日常点検に加え、使用開始後5年以上経過したタイヤについては、継続使用に適しているかどうか、すみやかにタイヤ販売店等での点検を受けられることをお奨め致します。
    また同時にスペアタイヤについても点検を受けられることをお奨め致します。
    また、外観上使用可能のように見えたとしても(溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も)製造後10年(注)経過したタイヤ(含むスペアタイヤ)は新しいタイヤに交換されることをお奨め致します。
    なお、車両メーカーがその車の特性からタイヤの点検や交換時期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、その記載内容についてもご確認ください。
  • ● ≪注:ここに記載した10年という年数は、あくまで目安であって、そのタイヤの実際の使用期限(すなわち、継続使用に適していないこと、または安全上の問題があるかもしれないことを示す時期)を示すものではありません。
    従って、環境条件・保管条件及び使用方法によって、この年数を経過したタイヤであっても、継続使用に適している場合もあれば、この年数を経過していないタイヤであっても継続使用に適していない場合もあります。
    10年を経過していないタイヤであっても、上記の環境条件等によっては交換する必要がある場合があることにご注意ください。また、この10年という年数及びタイヤ販売店等による点検のお奨め時期である使用開始後5年という年数は、いずれも各タイヤメーカー・販売会社・販売店による品質保証期間・期限を示すものでもありません≫
  • ● 積雪及び凍結路走行の場合は、冬用タイヤの残り溝が新品時の50%以上あることを確認してください。
    使用限度は接地部に冬用タイヤの摩耗限度を示すプラットホームが露出しているか否かで判断してください。
    溝深さが50%未満のタイヤは、冬用タイヤとしては使用できません。
  • ● タイヤ損傷に繋がるおそれがあるので、車両に指定された積載量、定員を超えて使用しないでください。
  • ● 複輪タイヤの場合は、外径差が次表の許容範囲内であることを確認してください。

    タイヤ断面幅の呼び 外径差(mm)
    ラジアルタイヤ バイアスタイヤ
    9.00(相当サイズ)以上 8以内 12以内
    8.25(相当サイズ)以下 6以内 8以内

    (注) 9.00(相当サイズ)以上とはメトリック表示では255以上、
      8.25(相当サイズ)以下とはメトリック表示では245以下とする。

  • ● 複輪間で空気圧の差が大きいとタイヤの負荷が一方に片寄り、タイヤ損傷や偏摩耗が発生するおそれがありますので、複輪タイヤの空気圧は同一になるように充填してください。
  • ● スペアタイヤの空気圧は、定期的(最低1ヶ月に1度)に点検し、自動車製作者が指定した値に調整してお使いください。
  • ● タイヤの位置交換は、車両の使用条件に合わせて、スペアタイヤも含め適正な方法で定期的に行ってください。
    タイヤは車両の装着位置により受ける力も異なるため、均一には摩耗しません。偏摩耗による振動や騒音の防止、及び、タイヤ寿命を伸ばすためのものです。
  • ● タイヤサイド部に回転方向または取付け方法等の指定があるタイヤは、その指定の通りに正しく装着してください。
  • ● 安全走行を確保するためタイヤ点検時に合わせて、リムバルブも劣化・亀裂が無いことを点検してください。リムバルブに劣化・亀裂がある場合は販売店等にご相談ください。また、バルブキャップがついているかどうかも確認してください。
    バルブキャップは、バルブへの水や泥の侵入を予防するものです。
  • ● ホイールには、亀裂、変形等の損傷や腐食がないことを確認してください。
  • ● 瞬間パンク修理剤又はタイヤつやだし剤等で、タイヤに劣化等有害な影響を及ぼすものは使用しないでください。
  • ● タイヤ&ホイールを車両に装着した際は、ハンドルを切ったり、バウンドした時にも車体との接触が無い事を確認してください。
  • ● 操縦安定性不良やタイヤの偏摩耗は、足廻りの異常が原因となる場合があります。適宜ホイールアライメントの調整を行ってください。
  • ● ブレーキテスター上でタイヤをロックさせた時は、タイヤ損傷を避けるためにできるだけ早くブレーキを解除してください。
  • ● タイヤへの焼印を施す場合は、リムライン付近のゴムの厚い位置に出来るだけ浅く押してください。深く押し過ぎるとタイヤの損傷の原因になる恐れがあります。
  • ● 新品タイヤ装着当初は実際の交通(速度)規制に従い、ならし走行を行ってください。基準は以下になります。小型トラック用タイヤの場合、60km/h以下の速度で200km以上。
    但し、乗用車に小型トラック用タイヤが装着されている場合は乗用車用タイヤの基準を適用してください。

3.運転時の遵守事項

  • ● タイヤを傷つけるおそれがあるので、道路の縁石等にタイヤの側面を接触させたり、道路上の凹みや突起物乗り越しなどは避けてください。
    ※タイプとは夏用タイヤ、冬用タイヤ等をいう。
  • ● 急発進、急加速、急旋回及び急停止は危険ですので避けてください。
    特に、湿潤路、積雪路及び凍結路は滑りやすく、事故に繋がるおそれがあるため、急カーブでは減速するなど、道路状況に応じた適切な運転をしてください。
    ※タイプとは夏用タイヤ、冬用タイヤ等をいう。
  • ● 走行中は、常に走行速度に応じた車間距離を確保してください。特に湿潤路、積雪路及び凍結路走行時は充分な車間距離を確保してください。
  • ● 走行中に車両が操縦不安定になったり、異常な音及び振動を感じたときは、すみやかに安全な場所に停車して、車両及びタイヤを点検してください。タイヤに変形等異常がないか確認してください。
    また、外観上、異常がなくても、できる限り低速で移動し、タイヤ販売店等へ点検を依頼してください。
  • ● タイヤのタイプやサイズを変更した場合は、タイヤの運動特性が変化するので、慣れるまでは走行速度等に注意して運転してください。
  • ● 冬用タイヤは積雪路及び凍結路面性能を重視しています。乾燥路及び湿潤路で使用する場合は、走行速度に注意し、急制動、急旋回等を避け、安全運転に心がけてください。

4.タイヤチェーン

  • ● タイヤチェーンは、タイヤサイズに適合するサイズのものを駆動輪または自動車製作者が指定する位置のタイヤに装着してください。
  • ● タイヤにチェーンを装着して積雪又は凍結していない道路を走行すると、タイヤ、タイヤチェーン及び車両を損傷したり、スリップするおそれがあるので、避けてください。
  • ● タイヤチェーンを装着した場合は、次表の速度で走行してください。

    道路 走行速度(km/h)
    金属製 非金属製
    積雪路および凍結路 30以下 50以下

5.リム組み時の注意事項

  • ● エアコンプレッサーの調節弁は、タイヤ破裂の危険があるので、タイヤの使用空気圧に応じ、次表により正しく調整してください。
  • エアコンプレッサー調節弁の最高調整空気圧

    タイヤの使用空気圧区分
    <kPa(kgf/cm2)>
    調節弁の最高調整空気圧
    <kPa(kgf/cm2)>
    400(4.0)まで 500(5.0)
    400(4.0)超~600(6.0)まで 700(7.0)
    600(6.0)超~1,000(10.0)未満 1,000(10.0)
  • ● 破裂の危険を避けるため、タイヤを安全囲いの中に入れる等、安全措置を講じた上、空気を充てんしてください。
  • ● 空気充てん時又は充てん後タイヤサイドウォール部からの異音(プチプチ音等)が聞こえたら、ただちに作業を中止し、避難してください。
  • ● 自動車用タイヤの組立て時のビードシーティング圧は、300kPa(3.0kgf/cm2)とし、これを超える圧は注入しないでください。
    ビードシーティングとは、タイヤ組立て時に、タイヤの両側のビードがリムのビードシート部に周上均等にのった状態(ハンプ付リムは、ビードがハンプを越えた状態)をいいます。
    Tタイプ・折りたたみ式応急用タイヤ、ランフラットタイヤ、その他製造業者の指定がある場合は、それに従ってください。
  • ● ビードシーティング圧以内の空気を注入し、タイヤの両側のビードがリムのシート部に周上均等にのっていることを確認した後、使用空気圧に充てん又は調整してください(均等にのっていない場合は一旦空気を抜き、タイヤをリムから外してタイヤ、リム等に異常が無い事を確認し、ビード及びリムに潤滑剤を再度塗布する)。
  • ● 空気を充てん後、バルブキャップを取りつける前に、バルブコアからの空気漏れ、リム部やバルブまわりからの空気漏れがないことを確認した後、必ずバルブキャップを装着し、しっかり締め付けてください。
  • ● チューブレスタイヤのビード部の傷は空気漏れやタイヤ損傷の原因になるおそれがありますので、リム組み時にはビード部に潤滑剤を塗布してビード部に傷をつけないようにしてください。
  • ● タイヤ内面の異物や水分でタイヤが損傷する場合があるため、リム組み前にタイヤ内面を点検して異物や水分があれば取り除いてください。
    また、空気注入時に水分がタイヤ内に入る場合があるため、定期的にエアコンプレッサーのドレイン水抜きをしてください。
  • ● タイヤサイド部に回転方向または取付け方法等の指定があるタイヤは、その指定の通りに正しくリム組みしてください。

6.車体への取付け時の注意事項

  • ● ホイールを外した時には、ホイールボルト、ナット、ホイールディスク等に折損、亀裂、変形等の損傷がないことを確認してください。
  • ● アルミホイールからスチールホイール又はスチールホイールからアルミホイールに交換する場合は、ホイールボルト、ナットを専用の物に交換してください。
  • ● ホイールナットはトルクレンチを使用し、規定トルクで締め付けるようにしてください。インパクトレンチで締め付ける場合は、締付時間、圧縮空気圧等に留意し、締め付け過ぎないよう十分注意を払い、トルクレンチでの確認等を併用してください。
  • ● ホイールを車体へ取付け、50~100km走行後、ホイールナットを規定トルクで増し締めしてください。

7.タイヤの保管

  • ● タイヤ、チューブは、直射日光、雨及び水、油類、ストーブ類の熱源及び電気火花の出る装置に近い場所などを避けて保管してください。
  • ● ホイール付きで保管する場合には、ゴムやコードの緊張状態を和らげるため空気圧は使用時の1/2程度にして保管してください。

8.一般知識

  • ● タイヤの呼び
    「タイヤの断面幅、偏平率、構造、リム径、ロードインデックス、速度記号(含む、数字または記号の意味)」
  • ● 製造年週
    2000年以降の製造番号では、下4桁(例1215)の数字で製造年週を示しています。最初の数字12は週(12週目)を、最後の数字15は年(2015年)を示します。1999年以前の製造番号では、下3桁(例159)の数字で製造年週を示しています。最初の数字15は週(15週目)を、最後の数字9は年(1999年)を示します。
  • ● 使用済みのタイヤを処分するのには費用が掛かっております。
  • ● タイヤに関するお問合せは、一般社団法人 日本自動車タイヤ協会でも承っております。